2011年06月09日

「草を刈る人」

デンタルクリニック東陽台 院長の大石です。

「草刈り」は秋の季語だそうな…
国語と地理は苦手だった私
(数学と化学と世界史は好きでしたが…)

今朝は子どもたちが早く起きたので、
私も20分早く出勤することとなった。

で、来院者用の月極駐車場を見ると
ブロックから草がうっそうと・・・
知ってはいたが、なかなか手が出せないでいた。

時間がそんなにあったわけではないが、
こんなことでうちを評価されるのも…と思い、
草刈りを始めた。
日は照っていなかったのだが、結構暑い。

4台分のブロック周辺だけやったのだが、
それでも45リットルポリ袋いっぱい。


で、やりながらいろいろ考えた。

石川遼君は毎日ツアー先のトイレを掃除する
そうだが、どういうことを考えているのだろう?

去年は確か、もっと草ボーボーで
たまりかねた徳さん(だったと思う)が
「院長、草刈の鎌はないですか」と言って、
みんなを総動員して草刈りをしていたな、
もう1年か…

スタッフ駐車場への車庫入れ
個性が出るよなー
メンバーが増えたから 見てて面白いよなー

居酒屋「てっぺん」の人は店の周りだけでなく
店のあるブロック全体を清掃しているそうだが
私はまだまだ無理だな…

周囲の声をブロックして、考える時間を作ると
いいアイデアが浮かんでくる、と経営関係の本で
読んだことがあるが、これもそうなのだろうか…

と、取り留めもないことを考えて15分、あれ?終了。

osouji after

ちょっと時間を割けば できるじゃん!

 成果:駐車場が綺麗になった
 代償:汗だくで衣替え
     プチかぶれて、診療中腕がかゆかった
(午前中で治ったものの、あそこで半袖で草刈りをするといつもそうだ!!)


で、一番の収穫
両親へ:子どもたちだけでなく、庭木の管理まで
     任せっぱなしですみません・・・

今年は草木がいい色づきです…


スタッフブログもにぎやかです。
丘の上は今日も大騒ぎ 〜東陽台のブログ〜


yobou_no1 at 20:45│Comments(0)TrackBack(0)その他雑談 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字