2011年07月13日

つまようじ ブラッシング 何が優れているの?

(つづき)
〜つまようじ法 歯ブラシの傾け方と動かし方がコツ〜

この「つまようじ法」ブラッシングのやり方ですが
歯ブラシの毛先は歯面より30°ほど傾けて
歯と歯の間に毛先を突っ込むように
(歯面を滑らせるように)
歯ブラシを動かします。

それを7〜10回行います。

最初は従来の磨き方とのギャップで
やりにくい点もありますが
慣れたらすぐできます。

しっかり研修を受けた歯科衛生士さんに
歯の衛生のプロに
ちょっと手ほどきを受ければすぐできます!

ゴルフでもサッカーでもそうですが
プロにちょっと教わっただけで
上達度がかなり違うのは何でも同じ!

デンタルクリニック東陽台の歯科衛生士は
つまようじ法ブラッシングに関する研修
を受けています。

トレーニングを行い 院長と副院長に対して
ブラッシングを行い チェックしてもらい
最終的にはブラッシング試験を行って
OKをもらってから実践に臨んでます。
そう 院長試験をパスしているのです。

ちなみに院長・副院長は
つまようじ法の生みの親である
渡邊達夫名誉教授のお口を
実際にブラッシングして
パスして 臨床に臨んだ過去があります
(妻はともかく 私は緊張した!まあめったにない機会ですが)

そして二つ目のツボ それは
「マッサージ効果」です!

歯周病の改善には 単に汚れを取り除くだけでなく
歯ぐきを適度な力で マッサージすることが
より効果的に治るコツなのです。

歯ぐきが引き締まるんですよね。
実際 歯のぐらつきが2週間程度で軽減します。

これが他のブラッシング方法とは違うところ。

そして 何よりも推奨したいところ それは
「爽快感」

他のブラッシング方法では得られない
スッキリ感がいいですね!
通常 歯と歯の間までは磨けないですから。


特に 歯科衛生士や歯科医師が行う
「術者によるブラッシング」 
     (術者ブラッシングと呼んでます)
はその爽快感が違います。
 ・他人に磨いてもらうということ
    (肩もみも他人にやってもらった方が気持ちいですもの)
 ・適切な力で 目視しながらやってもらえること
    (特に歯の裏側 これが効くんですよね)
 
「こんなにスッキリしたのは初めてだわ!」
「今までの磨き方はダメだったのね!」
と多くの方から言われます。

デンタルクリニック東陽台の歯科衛生士は
つまようじ法ブラッシングに代表される
お口のケアを通じて
みなさまの健康保持・増進につとめています。

(ラストにつづく)


デンタルクリニック東陽台HP はこちら 
 スタッフのブログ はこちら 
丘の上は今日も大騒ぎ 〜東陽台のブログ〜




yobou_no1 at 06:38│Comments(0)TrackBack(0)予防歯科 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字