おはよう日本

2011年07月16日

鑑識の技術 〜あー懐かし!〜 

昨日のNHKの「おはよう日本」で
東日本大震災での遺体の身元確認に
様々な「歯科」に関する技術・情報が役立っているとの
ニュースがありましたね。
ohayounippon
(TV画面を撮影 著作権の事があるから画像が小さく荒いです スミマセン)

<その1 歯ブラシから身元確認>
歯ブラシについている頬の粘膜からDNAを採取
ご遺体のDNAと照合して身元確認をするというもの

粘膜組織を綿棒で取って 細胞を抽出
酵素でDNAを切断
(ちょっと量が少なかったらPCR法でちょいちょいと増やす) 
それを電気泳動で流すと
特有の塩基パターン(生物学でATGCとか習わなかったかな?)
からなる断片が寒天ゲルの中で集まるので
そのDNA縞模様パターンから
2者が同一かどうかを判定するもの

・・・ってちょっと難しいよね。
警察の鑑識では普通に使っている手法。
もともとは大学(理学部系・生命科学系)の技術。

私も10年以上前の記憶で 
モノを語っているから ちょっと不安。

昔 歯周病菌?の産生酵素の精製の
研究をやっていて
これらの技術のうち 電気泳動法を
使っていたことがあるんです、実は。
あー懐かし!


<その2 歯のデータベース>
歯のデータベースが身元の照合の迅速化に
とても役立っているとのこと。

1)カルテ・レントゲンから歯の状態を記録する(歯の有無、修復状態など)
2)それを番号化する
  例)健全歯 1  インレー 2 
    コンポジットレジン修復(白の詰め物) 3 
    かぶせ 4 ・・・  欠損 0
3)右上の親知らず(8番目の歯)から順に歯の状態を
  番号で並べていく(上顎−下顎)
  例)0213401111324400 0221144411123240

4)コンピューターにデーターベース登録し、実際のご遺体の歯の状態に
 近いものを挙げてくるようにプログラムしておく

まあやり方はこんなところかな。

この辺の話題は 私と妻は 
学校健診のデータ入力で
関わっていたことがあるので。
あー懐かし! 

まあ この「入力作業(雑用、仕事)」が 
二人がつきあう きっかけのひとつになった、
といえばそうなのだが。


で、院長は何でこんなことを やっていたのだろう?
とスタッフは疑問に思うかもしれない・・・
いやすでに 変わってる と思っているだろう・・・

気にしないでね!
他と同じ、みんなと同じ、では 変わりばえしないから。

「病気を生まない 病気を作らない 街づくり・人づくり」
っていう 医院理念自体が 変わっているから
(「変わってる」 を 楽しもう!! それが個性!! 
      それが差別化!! それがOnly One!!)

既存の概念では 
歯医者は削って抜いて 治すのが仕事

でも 法律に書いてあるもん!
歯医者の仕事は 「医療の実践」とともに
「保健指導」 そう 健康を守ることだ
、って。
(歯科医師法 第1条) 

そして きっと みんなが望んでいること
病気にならずに済むのであれば なりたくない! 
望んでいるけど 意識に 言葉に出てこないだけ。

ただ 開業して5年余り 
「病気になりたくないから 予防する方法を教えて下さい!」
と自ら言ってきた人は 誰一人いない・・・
100%じゃないけれど 半減することくらい わけないのに・・・

まあ この辺のネタは いずれ触れましょう・・・


でも 大学の研究者って
私よりはるかにわったたちの集まり だよ・・・
(そういう信念の人でないと 事を成せないって)


以上、
デンタルクリニック東陽台 院長の大石でした。

デンタルクリニック東陽台HP はこちら 
スタッフのブログ はこちら 
 丘の上は今日も大騒ぎ 〜東陽台のブログ〜


yobou_no1 at 05:29|PermalinkComments(0)