フロリデーション

2011年10月15日

口腔衛生学会レポート(2)

☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆

学会に行ったらさ 
人のいい おじちゃんに会ってさ
余計な仕事 引き受けちゃった…
あー大変だ!

☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆

こんにちは 
デンタルクリニック東陽台 院長の大石です

今日はマニアックな話だから
敬遠したい人は 東京みやげの 
こっちをどうぞ!
beautv




(山手線で流れているパナソニックのCM 
 JRトレインチャンネル とても女性向け!
 断っておくけど 音声はないからね!)

さて、
松戸であった口腔衛生学会レポートの続き

今回の学会のメインテーマは
「健康とフロリデーション」
学会長 小林清吾 日本大学松戸歯学部
予防歯科教授のメインテーマ

フロリデーションって? 前にも書いたけど
(2010.5.6の記事参照)
要は飲み水に適量のフッ素を加減して
調整してやると
普通に生活しているだけで あなたの
むし歯になる度合いが 今の半分以下になるって方法

フッ素って? 
人体に13番目に多い元素のことさ!フッ素の人体中での順位









何の努力もいらない 生活は今まで通りで
むし歯が減っていいよー 大人も子供も 
水道課の仕事がちょびっと増えるだけ
(雇用が新たに生まれるけどね)
大丈夫 私にやれって言われたらできることだから
ランニングコストは1市民あたり年間50円〜100円
困るのはむし歯が減ると困る歯医者か? 
恨まれて刺されるのは嫌だなー

えっ?歯のない人は?
あなたが 歯の治療を受けようが受けまいが
あなたが納めている健康保険料から
年間¥25,000のお金が消費されているわけ

これで浮くであろう 1市民当たり年間¥10,000 
相当のお金を ますます増える国保の
保険料値上げ分に つぎ込んだらいかが?
歯も残るし 削られる回数減るし…

と、行政と公衆衛生への心配はさておいて…

多くのシンポジストによる 
事例紹介や歴史、現状などをが学べた
米国では戦後間もなくからやっていた
たいがい知ってたけどね

そういえば オーストラリアと韓国からも
シンポジストが来てたな もちろん講演は英語
日本語の資料があったから 何とかなったが

で、ブラブラとポスター会場をうろついていると
国立衛生科学院の安藤先生に会った

新潟大予防歯科出身の変わり者の先生
いい人でね 私の論文もえらくお気に入りで…

で、そのときに出た言葉

「あの論文なんだけどさ、
 あれができたいきさつを 歯界展望に
 投稿したらどう? 編集者、紹介するよ!」

なんですと? いつも読んでる歯科雑誌に?
投稿だと?

日々診療に追われている私に 
原稿を書けってか?

まあ 面白そうな話だから
「春までに頑張ります!」
とついつい答えてしまった… 

あーあ…いらんことを…まあいいか
めったにない話だし
スライド2スライド3






スライド12スライド13






スライドももらったし これ真似て原稿書いたら?
ってさ!

以上、
デンタルクリニック東陽台 院長の大石でした。


スタッフのブログはこちら 
丘の上は今日も大騒ぎ 〜東陽台のブログ〜

staffblog banner 



デンタルクリニック東陽台HPはこちら
DTC-banner 





yobou_no1 at 06:07|Permalink

2011年08月11日

ケアに関する日米の違い(2)

(つづき)

むし歯治療で 1本7〜10万円するアメリカでは、
歯を大切にケアするのは常識
 ・デンタルオフィス(医院)に通って定期的にケアする
 ・歯を守るためのフッ素の錠剤の処方を受ける
 ・フッ素塗布を受ける
 
など より効果のあるケア方法を実践することが 
幼少期から身についている

映画のいちシーンでも歯のケアの場面が出てくる
(スタンドバイミーやクレーマー・クレーマーだったかな?にも出てるし)

そして、個人的ケアとは別に、公共的施策として
フロリデーション(Water Fluoridation 水道水フッ化物濃度調整)
が実施されている。人口の7割をカバーして
人々の健康に寄与している 
大きな都市ならたいがいやってる
US Fluoridation

供給される水を飲んでいれば というか
普通にそこで生活しているだけで
むし歯発生が半減以下となる 

60年以上の歴史を持つスグレモノ
無味無臭で 実害なし 
あるとすれば歯医者がヒマになるだけ?
(いや 別の仕事もあるので そうでもないのだが)

実は福山市も 天然のプチ・フロリデーション地域である
(濃度が至適より低いから、プチ)


ごめんねー
日本の水道技術をもってすれば わけないんだけど
歯医者も水道関係者も 保健所関係者も知らないから・・・
関係者の勉強不足と広報不足 そして
縦割り行政が要因の一つなのよ・・・
(そういう私も10年前はそうだったけどね)

何せ日本でWater Fluoridationの装置があるのは
米軍基地以外では日本大学松戸歯学部の小林清吾教授の所と
下仁田ネギ(長ネギ)で有名な群馬県下仁田町の公民館と
うちの実家の裏庭にしかないからね(こちらは部品、ですが)

satulator




さて 次回はTooth Brushing Instruction 
指導は英会話に長けた人にお任せしよう!

日米のむし歯予防 特にフッ素に関する
認識の格差を感じた 今日の診療でした・・・


デンタルクリニック東陽台HP はこちら 
スタッフのブログ はこちら 
丘の上は今日も大騒ぎ 〜東陽台のブログ〜


yobou_no1 at 00:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)