レーザー

2011年07月28日

そろばんと仕事 〜伝票算で考えた〜

こんにちは デンタルクリニック東陽台 
院長の大石です。

「今日から伝票算をはじめたのよ」
とうちの母。

小1の息子のそろばんの話である。

ただ今 暗算2級 珠算4級
一緒にやっていた じーちゃんは
とうとう抜かされた 

子どもって 吸収が早いな 「小1だからここまで」
なんて枠をはめたら いけませんね
それは単なる 大人の都合

で、
ありゃりゃ おじーちゃんの立場は・・・ と思って
自分が暗算をやってみると
で、できない・・・やばい・・・

昔は指がそろばん玉の
感覚を覚えていてて
スラスラとできていたのに・・・
私の1級もすぐに抜かされる・・・


まあ今は電卓やPCなど 便利なものがある
ただ 手を動かして 頭を使うという意味では
とても有意義な手法である

そういう 先々はなくなる・すたれる職業って
いっぱいあると思う

測量・製図も今はレーザーやPCのCAD
歯科でも白のかぶせ「セラミック」はCAD/ CAM
機械が歯の形を読み取り 陶材を削り出す
昔より だいぶ精度がましになった

歯科だって ロボットが歯を削る時代が来
かもしれない
外科のオペ支援ロボットが 出てくる時代なんだから

いや 歯を削る必要がなくなる時代だって 
来るかもしれない
 
前にも言ったっけ 現に 
福山市47万人のむし歯の発生を半分に抑える
毎年30億円ずつ浮かせる 魔法の技術だって 
既にあるんだから 
リクエストがないから言わないけど

携帯電話が電話ボックスに取って代わり
TVやITをはじめ どんどん便利になってくる

ニーズが変わり 仕事も変わる
なくなる仕事もあり 生まれる仕事もある

彼ら子どもの 若手の将来の仕事って
どうなっているんでしょうね?

目まぐるしく変化する 世の中で 
大切なのは 仕事の本質を理解すること
仕事のあり方を 意識すること
って言ってたな ある成功者が

「人がしたがらない事 人ができないことを
 解決してあげるから その人はより感謝され 
 尊ばれ 富がもたらされる その困難さに応じて」

子どもの習い事から いろいろ考えてしまった・・・・


以上、デンタルクリニック東陽台 院長の大石でした。

デンタルクリニック東陽台HP はこちら 
スタッフのブログ はこちら 
丘の上は今日も大騒ぎ 〜東陽台のブログ〜


yobou_no1 at 07:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)