小児

2012年05月12日

夜の取材 inぐらん

*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*
IMG_0081
仕事の後も 
取材で大変です・・・



*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*

こんにちは 
デンタルクリニック東陽台 院長の大石です。

勤務後 若手4人衆がバドミントンに
勤しむ中 私は「ぐらんの湯」に「取材」!

って、銭湯に取材って、何?

実は・・・

歯科雑誌で老舗の会社「医歯薬出版」が
発行している「歯界展望」
業界人には有名なんですけどね

先日 依頼され 投稿した原稿の
校正が上がってきたんです


で、記憶をもとに書いた部分の
「数値」が怪しいことに気付いて・・・

「あれ、ぐらんの湧水のフッ素濃度って4.9ppm
 だったっけ? いいかげんもまずいよね!」
(1ppm:100万分の1の量という意味)

締め切りは16日必着、実質あと5日
確認しておかないと・・・でも週末は岡山だし・・・

ということで、1人 夜の取材 in ころなの湯
IMG_0087IMG_0083






うーん、色気ないな・・・

で、泉質成分表示の値は・・・
IMG_0076IMG_0077






ありゃ、4.7ppmだった。
ウソ書かずに済んだ
よかった!

でも、水道法の水質基準の
上限値(0.8ppm)の6倍

歯を強くするフッ素
でも、過度のフッ素の「常飲」は
健康に支障も・・・でもね

コントロールできていれば
全然問題ないんだけどね
飲用の場合は 必ずチェックが入るし


で、面白いことに これが南(海岸沿い)に行くと
また違うんですよ 濃度が
先日行った コロナの湯
IMG_0067IMG_0069








0.5ppmだった、海辺の堆積地の泉水だと
フッ素濃度が下がるのね 塩分は多かったけど

ついでだから 温泉にザブン!

余談ですが
これはフッ素入りではないけど
活力は得られるらしい
IMG_0079IMG_0080






ちなみに これらの経費
出張・勉強代で落ちるかな?

以上、
デンタルクリニック東陽台 院長の大石でした。


スタッフのブログはこちら 
丘の上は今日も大騒ぎ 〜東陽台のブログ〜

staffblog banner 


デンタルクリニック東陽台HPはこちら
DTC-banner 





yobou_no1 at 06:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年05月05日

かごしま研修記2

*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*
手厚いおもてなし
ありがとうございました!
こちらからお渡しできたのがもみじ饅頭だけですみません・・・
*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*

こんにちは 
デンタルクリニック東陽台 院長の大石です。

つづきです。
霧島・隼人駅 
ん? 前面が竹でおおわれている  
竹の産地?
IMG_0705






時間までホテル京セラで待機
宮川先生が勧めてくれたホテル
まー大きいな! 
吹き抜けのところに結婚式場
IMG_0572








泊った別館(アネックス)と本館との
連絡通路(約100m)には
縄文遺跡の展示コーナー
ただの連絡通路を上手に活かしている
IMG_0571IMG_0570






IMG_0567時間があったので
2人に「おさかなエステ」を
試してもらった
ドイツの民間療法らしい
キャーキャー喜んでた
(単にくすぐったかったらしい)

ホテルで待っていると
みやかわ小児矯正歯科の清水さんが
「ルタン号」(往診用車)でお迎え


むちゃくちゃカワイイ!
うちもしたい! と思いました
(みんなに「やりすぎっ」ってつっ込まれるかな?)

夜は歓迎会! 
宮川先生のご家族、そして清水さんと歓談
『黒豚のしゃぶしゃぶ』『焼酎』『ワイン』
もそうですが それにもまして
貴重なお話 ありがとうございました

医院運営についてのいろいろなヒントを
いただきました!

メールで
「できれば奥さんと一緒に来た方がいいよ」
と言われていましたが、その通りでした。
後悔・・・ 

思いをひとつにする手法の一つとして
「一緒に体験する」というのがありましたね。


IMG_0576さて 見学日当日
清水さんが
ルタン号でお迎え

朝早くからすみません・・・


5分ほどでみやかわ小児矯正歯科に到着!

医院に入ると スタッフの皆さんの
 「おはようございます!」
明るいながらもピシッとしまった声と対応
ん、違うな・・・

朝礼は『てっぺん』風の とても熱いもの
子どもに負けないテンションで行かないと
という主義だそうで・・・ すごーい!

IMG_0578さすが小児歯科だけあって 
明るくかわいい雰囲気

でも細かな配慮
バックヤードにある
さまざまな『ヒミツ』

999個は見つけられなかったけど
いっぱい勉強になりました
みなさん ありがとうございました

ご厚意でお借りした車に乗って
(ひやひやしながら)
霧島神宮を巡って
IMG_0683IMG_0692






祈願して(何を?)

IMG_0713鹿児島中央まで
帰ってきました。

2人ともお疲れさま!

そして南国まで
ついてきてくれて
ありがとうございました

そして
福山から見守って下さった
パートナーたちにも感謝!
IMG_0716




(感謝の品 南国 白くま 画像のみ)

学びをしっかり活かしていきたいです

以上、
デンタルクリニック東陽台 院長の大石でした。


<追伸>
おみやげに買った指宿の「玉手箱」(車内限定)
DSCN3385DSCN3386



せおちゃんが開けてくれたけど
煙は出てこなかった 
出てもらっても困るが・・・

連休中日に訪問診療に出動してくれた
みーちゃん&せおちゃんにもThanks!


スタッフのブログはこちら 
丘の上は今日も大騒ぎ 〜東陽台のブログ〜

staffblog banner 


デンタルクリニック東陽台HPはこちら
DTC-banner 





yobou_no1 at 06:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年05月17日

福山って、むし歯がね… その3

そのフッ素ってどこからやってくるのか、って気になりません?
私は気になりました。

あの図(3歳児むし歯有病者率地図)を見続けて、
あることに気がつきました。

「なぜ長野より東はむし歯率が多くなってくるのだろう?」
「なぜ北四国と南四国で差があらわれるのだろう?」
「なぜ和歌山とそれ以北で差が出るのだろう?」

そういえば、中央構造線糸魚川静岡構造線で分かれる気が…

もしかして、地質の影響? で、調べてみたら…はい、ありました。

なんと、花崗岩でした。


kakougan










3yCaries










(健康行動のとる人が多いとか、他にも複数の要因がありますが、)
水道水中のフッ素が3歳児のむし歯の地域格差の
主原因の一つであり、それが比較的高濃度のフッ素を
含む性質がある花崗岩に由来するというものです。
これが晴佐久論文2011なわけ。

これを見つけるのに、日本水道協会(東京)と
岡山大学図書館と北海道立図書館まで行きました。
学会の出張ついでに。我ながらアホや…

なかなか面白かったでしたよ。
何となく、世界地図を見続けて大陸移動説を思いついた
アルフレート・ヴェーゲナーみたいな気分になって。
最初資料を見せたとき、筆頭著者たちも驚いてましたし。

でも、平成18年版水道統計(ン万円)の本を買った時には
さすがに妻にあきれられました…
(共著に連なっているんだから、いいじゃん!)

ということで、結論、

何も考えなくても、そこに住んでいるだけで
みんなのむし歯が半減以下になる

そんな日がいつか来るといいですね。

続き物を最後まで読んでくれた方、ありがとうございました。



yobou_no1 at 02:10|Permalink