抜歯

2011年09月23日

噛めなくなると アルツハイマー?

☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+

また過激なネタを出してるよ 
学さんは… 

☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+

こんにちは デンタルクリニック東陽台 
院長の大石です。

私の元上司が また過激な論文を出してました

morita
















ネット記事はこちら

私の今くらいの年齢で
岡山大学歯学部予防歯科の講師から
北海道大学歯学部 予防歯科の教授になった方
2階級特進 それも旧帝国大学の教授!

「北は寒いから」って理由で
古巣の岡山大学に戻ってこられたけどね
教授選で勝ち抜いて
(よくもまー 2度も教授選に挑むとは…)

北大時代 未知の地で頑張っている先生に
「森田学ファンクラブ年会費」として
委任経理金を貢いだ人間は 私たち夫婦と
黒瀬先生(岡山市開業)くらいだろうか・・・

まあ 憎めないいい先生ですわ

で、
噛めない状態が続くと 
アルツハイマーになりやすいってこと

でも、言っとくけど ラットの実験だからね。

人の場合
脳での高次処理がなされるから
このまま当てはまるわけではないけど

でも大脳皮質のかなりの部分は
お口の周りの感覚をつかさどる
と言われれている

臨床的にも 歯のない人の方が
運動能力や判断能力の低下が見られる
傾向があるけど…

80歳時の歯科医療費も そして医科医療費
歯の少ない人の方がかかってる
いろんな意味で 歯を失いすぎると
全身に悪影響を及ぼすってことかな?

今後の脳科学の解明に期待しましょう!

でも、「修復の寿命」でも「抜歯の原因調査」でも
「診療内容とコスト」でも「自費と保険の入れ歯の能力」でも
ショッキングな発言(論文)が多いよな…

実験・調査をしっかりした上での
発言だから説得力はあるんだけれどね。

私たちが出した、
「広島県の子どもにむし歯が少ない理由」を
解き明かした論文も似たようなものか…


以上、デンタルクリニック東陽台
院長の大石でした。

デンタルクリニック東陽台HP はこちら 

スタッフのブログ はこちら 
丘の上は今日も大騒ぎ 〜東陽台のブログ〜


yobou_no1 at 12:08|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年03月23日

歯を失う理由 昔と今

より効果的な、虫歯・歯周病などの予防について情報発信するページ

さて、「歯は一生の宝」第2話

「歯を失う理由は?」


みなさん、歯を失う理由で最も多いのは何だと思いますか?

何といっても1番は「むし歯」!

・・・・・・・と言うと思いました! ハハハ・・・ 確かに昔はそうでした。



昭和60年に岡山県全県を対象にした抜歯の原因調査によると
むし歯によるものが第1位で半分以上を占めていました。


しかし、平成10年の調査によると何と歯周病(歯そうのうろう)が
むし歯を抜いて第1位!!
抜歯理由の変遷






(出典 いずれも口腔衛生学会雑誌より)


むし歯を抜かずに残す取り組みが進んだ一方、歯周病については
あまり結果が残せていないのかもしれませんね。

都市部より田舎の方が抜く傾向がありましたね。

近年の全国調査でも同様の結果が得られています。
(8020財団のHP参照)



で、この図を見て思いませんか?

むし歯と歯そうのうろうさえ防げれば、
歯を失うことはほとんどないんだ・・・・と。


でも、なかなかそううまくは行かないものです。

だって、予防していないんだもの!

結果の出やすい予防法をしていなければ

努力も無駄なんです・・・

・・・っていうか、割と簡単に防げるし・・・


さて、いつ頃から歯が抜け始めると思います?
ケアに気をつけ始めなきゃいけないお年頃とは・・・

・・・・・・次回をお楽しみに。



健康はみんなの願いです! 健康が一番! 予防が一番!
デンタルクリニック東陽台はあなたの健康生活をサポートします。

yobou_no1 at 22:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0)