歯を守る

2011年07月05日

歯の価値はプライスレス

デンタルクリニック東陽台 院長の大石です

今日は歯を守る大切さ の話

歯を失った時 取れる対処法
1.両隣の歯に人工物を橋掛ける(ブリッジ)
2.取り外し式の入れ歯を入れる(入れ歯)
3.人工の歯の根を埋める(インプラント)
そして
4.放置
である。

オプションとして
5.昔抜いた親しらずなどを冷凍保存して、
  来るべき日に植える(ティースバンク)
6.歯の種を植えて、できるのを待つ
がある。

hotetugenkai

さて1〜4であるが、
1.は何も支障がない歯を削る必要がある

2.は床の広さと歯にかけるバネで安定を図るため
  物自体が大きくなる 食事や会話時の違和感
  見ばえの不利など支障が出る

3.は機能的・見ばえ的にはかなりOK 
  でもオペがいる オペに見合う報酬がいる

4.は咬むのに 見ばえに支障も多々出る

5.は保存していた歯が 必ずしも抜けた場所に
  フィットするわけではない。数十万かかるし
  植えるオペは インプラントとさして変わらない
  いや むしろサイズ調整が難しい 
  生体親和性は高いが 規格化されていないから

6.はまだ技術が完成していない 名古屋大学で
  実験用のイヌで 歯もどきの物体ができている
  とのことだが 歯ができるまで数年間待つ必要がある 
  迅速性の観点からは 無意味 6年も待てるか!

そして何よりも 天然歯で咬む力よりは劣る

いつも咬める能力の100%を 
食事時に使用しているわけではないので
必ずしも100%の回復力が 必要ではないが

場合によっては 食べるものによっては
十分に咬めない 構造上 仕方ない

人と同じものが食べられないことは 
辛い 悔しい 悲しい・・・
と これは診療時に実際聞いた話
少し失った時に もう少し健康について考えてもらえれば
そうならずに済んだのに・・・

と思ったりもするが そういえば お伝えする機会がなかった
通常は 困りごとが発生して 初めてお会いするから

最近ブログに 熱く書き込んでいるのは 
不幸が発生する前に 
考え 動いてほしいから
と思い始めたから

読んで「そうだ、そうだ!もっともだ!」と思った人は
大切な人にも 教えてあげてね!

「そこそこの機能回復」と「リーズナブル」ということで
入れ歯を作ってはいるが 
このデータを知っているだけに 思いは複雑
surume (1)

そう 歯を守ることは大切なこと
インプラント3本も打てば¥100万はする
片顎を4本で済まそうとするなら
¥300万はかかる
プリウス並みだ でもお金で解決できるなら まだましだ
条件が整わないと 施術自体が無理な場合も 多々ある

咬める喜びはプライスレス

他の歯の健康 快適さ 見ばえ お金・・・ 
失ったものの代償は大きい


歯科衛生士による歯石取りやブラッシング指導
コーディネーターによる歯の大切さに関するお話
受付での定期メンテナンスのお勧め

彼女ら医院スタッフの仕事には 
実はこういう意味合いがあるのだ

おせっかいかもしれないが
多数の不幸を 間近に見てきたから
そうなる前に防ぎたいという 彼女らのやさしい心遣い


もちろん より歯が残る確率の高い方法を
学び 実践することが 必要だ

だが 自己流で あるいは間違ったことを
聞いてやってみて 結果が得られていないことが 実に多い

プロフェッショナルから学ぶ その効能
ゴルフ・野球・サッカー・勉強・・・ 
身に周りに そういう事例はないだろうか?

「歯を失った」「歯を削られた」「穴が開いた」「取れた」
同じ結果を繰り返したくないなら 
少し変わったことをしないといけない

同じ行動は 
同じ結果しか生まないから

当たり前 といったら当たり前だが・・・

より科学的に正しい方法・医療で皆様に貢献する
Evidence Based Medicine(EBM:科学的事実に基づいた医療)の
実践にこだわる
デンタルクリニック東陽台 院長の大石でした



yobou_no1 at 01:00|PermalinkComments(0)