水質基準

2012年05月12日

夜の取材 inぐらん

*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*
IMG_0081
仕事の後も 
取材で大変です・・・



*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*

こんにちは 
デンタルクリニック東陽台 院長の大石です。

勤務後 若手4人衆がバドミントンに
勤しむ中 私は「ぐらんの湯」に「取材」!

って、銭湯に取材って、何?

実は・・・

歯科雑誌で老舗の会社「医歯薬出版」が
発行している「歯界展望」
業界人には有名なんですけどね

先日 依頼され 投稿した原稿の
校正が上がってきたんです


で、記憶をもとに書いた部分の
「数値」が怪しいことに気付いて・・・

「あれ、ぐらんの湧水のフッ素濃度って4.9ppm
 だったっけ? いいかげんもまずいよね!」
(1ppm:100万分の1の量という意味)

締め切りは16日必着、実質あと5日
確認しておかないと・・・でも週末は岡山だし・・・

ということで、1人 夜の取材 in ころなの湯
IMG_0087IMG_0083






うーん、色気ないな・・・

で、泉質成分表示の値は・・・
IMG_0076IMG_0077






ありゃ、4.7ppmだった。
ウソ書かずに済んだ
よかった!

でも、水道法の水質基準の
上限値(0.8ppm)の6倍

歯を強くするフッ素
でも、過度のフッ素の「常飲」は
健康に支障も・・・でもね

コントロールできていれば
全然問題ないんだけどね
飲用の場合は 必ずチェックが入るし


で、面白いことに これが南(海岸沿い)に行くと
また違うんですよ 濃度が
先日行った コロナの湯
IMG_0067IMG_0069








0.5ppmだった、海辺の堆積地の泉水だと
フッ素濃度が下がるのね 塩分は多かったけど

ついでだから 温泉にザブン!

余談ですが
これはフッ素入りではないけど
活力は得られるらしい
IMG_0079IMG_0080






ちなみに これらの経費
出張・勉強代で落ちるかな?

以上、
デンタルクリニック東陽台 院長の大石でした。


スタッフのブログはこちら 
丘の上は今日も大騒ぎ 〜東陽台のブログ〜

staffblog banner 


デンタルクリニック東陽台HPはこちら
DTC-banner 





yobou_no1 at 06:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0)