職場

2011年11月17日

『白雪姫』で考えた!

☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・

リスク回避とリスク分散の概念が
ここにもあったんだ・・・うーん、複雑・・・

☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・

こんにちは 
デンタルクリニック東陽台 院長の大石です

母曰く
うちの娘が来月発表会で
いま『白雪姫』の練習をしているとのこと

役柄は『小人』
原作は7人だが、6人らしい
それもセリフ上は3人☓2組とか

白雪姫も2人いるそうな
最初 母から聞かされた時は
『……は?』と思った

主役が一人だと ひいきだ何だで
いろいろ問題がでるのかな? 
まー 大変な昨今だな なんて思っていた

でも違うみたい
役者は子ども

当日 白雪姫が発熱で休んだら…
他所に会場を借りて 
親御さんを集める手前

白雪姫がお休みで劇ができません、じゃ
まずいだろうね… 

あり得る話 いわゆるリスク回避と分散

よく考えたら うちもやってる
似たようなこと

患者さんの治療を より確実に 
より計画的に行なうために
当院では原則 予約制

歯科の治療は小『手術』
緊急『オペ」より 予定『オペ」の方が 
落ち着いて対応ができる 充実できる
もちろん 救急対応も必要だが

そのシステムを維持するためには
多くのスタッフが必要になってくる

私以外はみな女性 男性との大きな違い
仕事をする女性は
『家庭業』 『子育て業』 と兼務

本人の事情、体調の他に
「子どもの風邪」「参観日」「行事」
様々な「ありゃ、今日お休み?」が しゅっちゅうある
人間だもん!

そのなかで 職場がうまく機能するために
必要な考え方が 『ワークシェアリング』
それも 時間軸を意識したシェアリング

若い時は長時間勤務できるけど
結婚・妊娠・出産・子育てがあると
仕事だけに 時間とエネルギーを
費やすわけにはいかない

才能があるにもかかわらず
フルタイム勤務ができなければ 
採用できない というのも
もったいないもんね!

時間と資産の制約がある中で
その人の才能を 職場でいかに活かしていくか
頭の使いどころ 
どんな形になれるのか?

望みの職場は 自分らで創れる
願い、動けばきっと叶う
みんながより楽しく より充実した日々を
過ごせるために 小さくてもまず一歩!

・・・と考えれば 楽しいですね!
楽じゃないけど 楽しいですね。

長文の「職場向上講座」になってしまった・・・

以上、
デンタルクリニック東陽台 院長の大石でした。


スタッフのブログはこちら 
丘の上は今日も大騒ぎ 〜東陽台のブログ〜

staffblog banner 



デンタルクリニック東陽台HPはこちら
DTC-banner





yobou_no1 at 05:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0)