衛生行事

2011年06月06日

歯の衛生行事 〜危機管理について考えた〜

デンタルクリニック東陽台 大石です。

いきなり「なんちゅうタイトルだ」、と思われるかもしれないが、
最後まで読んでいただけたら、納得していただけるかもしれない。

昨日(日曜)は歯の衛生行事。

歯科衛生士学校のオープンスクール+
「良い歯の学校表彰」「図画・ポスター表彰」で
朝8時半から出動。

前者の行事は歯科衛生士学校の2、3年生が担当するのだが、
昨年末まで臨地実習の実習生としてうちに来ていた、
畝田さんと久々に会った。
unechan
(実習時の写真、ワニ太くんとともに)

臨時実習期間もはや半年、開始当初に実習に来ていた時の
学生顔から社会人顔になりつつあった。ほんのちょっとだけど


午後から大役が控えていたにもかかわらず、
「ますますいい表情になったね、がんばってね」、と
ほのぼの気分でいた、その10分後、
事件が起こった。

なんと、今日の行事に参加予定だった
会長が来れなくなったとの連絡が入ったのだ。

「げ、マジ?」

とても焦った私…
なぜなら、私は13時からの表彰式の司会進行役
だったからである…(6/4のブログ記事参照)

最初の挨拶、役職の出席者紹介、賞状・記念品授与、
その他、会長の名前が出てくるところが盛りだくさん。
表彰式のいわば顔役が不在。
…どーするんだい…この原稿…

担当理事の先生や事務局もさあ大変!
過去、そんなことは一度もなかった。
まさに前代未聞!

壇上の席が空くのもかっこ悪いので代役を立て、
挨拶を依頼、出席メンバーを再確認。

席の前垂れを差し替え、
席次・紹介順を確認した時点で
やっと原稿修正… 

式まであと2時間弱、3回くらい原稿を修正した。

もちろん、学校歯科保健部の委員長を受けて
初めての大役、準備もある程度はしてきたが…
おいおい…

慣れない役職の上にハプニング、
おかげで何カ所かとちった。
まあ、全体的には無事に終わったようだが…不完全燃焼の一日。

でも、人間だからそういうことも十分ありうる。
来年は2種類の原稿を用意しておこう…

前日に
「明日はよろしくお願いします」
確認の電話をしつつ、体調を探るのも一つの手かもしれない。

危機管理の甘さ、想像力の欠如を露呈した1日だった…って、

そこまで考えつくかい!! ヽ(#`Д´)ノ



yobou_no1 at 00:42|PermalinkComments(0)TrackBack(0)