読売新聞

2012年04月14日

健康格差とフッ素洗口 〜読売新聞より〜

*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*
ありゃー 相田くん えらくなったのねー
準教授だってさ・・・

aida






*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*
講座のNo.2 准教授様に対して「くん」づけは失礼ですね・・・

こんにちは 
デンタルクリニック東陽台 院長の大石です。

ロンドン大学に留学に行ってたはずの
東北大学予防歯科の相田先生からメール

「明日(4/13)の読売新聞 
 医療ルネッサンスに記事が出ます」
(記事についてはクリックしてね)

健康格差」について研究している
学会でも注目の若手株 
といっても30歳代のはず・・・

私的には 論文作成や日F会議の席、
(日本むし歯予防フッ素推進会議)
その他でいろいろお世話になった先生

フッ素洗口については 昔から知っているので
何を今さら、と思ってましたが
世間的には まだまだ知られていないので
新聞記事として出ることは いいことかも!

有用な健康情報 知らずに病気になって
損している人の 何と多いこと・・・
(うがいするだけ、楽してむし歯が防げるのに・・・)


で、記事を読んでいると・・・

「・・・ありゃ、いつの間にか准教授になってる!
 2階級特進かい!」

<解説> 大学(医学部系)の序列
 (医員⇒助教(助手)⇒講師⇒准教授(助教授)⇒教授)
                  ( )内は昔の呼び方 
海外留学が「研究職のステップアップ」に必須な近年
昔の呼び方を英語に訳すと すごーく軽いイメージに見られる
(=お手伝いさん)とのこと。
せっかく海外に研究しに行ったのに、研究者扱いしてくれない
事例が多発し、全国規模で名称変更されたそうな・・・

この間 歓送会を開いてもらってた「たまちゃん
もそうだったけど ここ数年 私の知り合いで
「若手への世代交代」「昇進」をよく目にします
(現 徳島大学歯学部予防歯科准教授の玉木直文先生は2コ下です)

私も頑張らなきゃ・・・ 
ちなみに うちの若手も最近いちだんと
静かに燃えてる」し・・・

新聞を読んでいて 
いろいろ考えさせられました・・・

以上、
デンタルクリニック東陽台 院長の大石でした。


スタッフのブログはこちら 
丘の上は今日も大騒ぎ 〜東陽台のブログ〜

staffblog banner 


デンタルクリニック東陽台HPはこちら
DTC-banner 





yobou_no1 at 06:38|PermalinkComments(0)TrackBack(0)